Onomatoplain烈伝

近代の資本主義、成果主義社会において貧富による社会階層のヒエラルキーから脱却すべく、破竹の勢いで熊本豚骨ラーメンを食べ歩くバンド、オノマトプレインの尾形による記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乾坤一擲

夢の中で喧嘩をすると、何故か僕の攻撃が全く相手に効きません。

今日はハイカラ神祭!

以上です。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 03:59:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

私はやってない 潔白だ。

先日、練習が終わって自宅に帰った時のことです。


自分の駐車場にブラジャーが落ちていました。

しかも「尾形」のネームプレートの正面に堂々と。

とりあえずドッキリの可能性を考え、触れずに一旦放っておくことを選びました。


しかし、陰湿である。もちろん悪戯だと考えた場合だが。いや、もっと多角的に捉えてみよう。例えば、上の階の人が洗濯物を取り込もうとした時に落下した。なるほどなるほど。だが、「あっ、ブラジャー落ちちゃったけど、面倒だからほっといちゃえ~。」なんて考えるだろうか。

しかし、現時点で明らかに悪戯であると断定できる根拠は持ち合わせていない。「落とし物」である可能性を考え、遺棄することは諦めた。

翌日のことです。

帰宅すると、問題のブラジャーはペットボトルに巻き付けてありました。

仮にオブジェのつもりだとしたら、メタファーであれば良いってものじゃない。
第一、そのペットボトルは俺のものだ。朝からフロントガラスが凍った時に使う実用的なものなんだよ。

しかし、通行人は「尾形」のネームプレートとブラジャー的な置物を結び付けるであろう。

まるで、作者のように。
  1. 2011/02/09(水) 22:38:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。